青汁コレステロール効果

青汁の効果について

会社の健康診断などで、コレステロールが高いと指摘されたことはないでしょうか。

コレステロールが高いだけでは、痛みも痒みも生じませんが、放置すると思わぬ結果を招く可能性があります。

コレステロールの高い状態が続くと、血管の内壁にこびりつき、動脈硬化を引き起こすほか、
高血圧や脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こす要因になることがあるのです。

だから、痛みや痒みがなくても、コレステロールが高いと指摘された方は、
何かしらの対策を立てることが重要なのです。

身近な対策として食生活の改善が挙げられます。

体質などにもよりますが、食生活が大きな影響を与える病気です。

動物性脂肪の多い高カロリー食、コレステロールを多く含む食品は控えて、
ミネラル・ビタミン・食物繊維を豊富に含む食品をとると効果的でしょう。

何気なく私たちが食べている食品は、
コレステロールを多く含む食品、体内のコレステロールを増やす食品、減らす食品に分けることができます。

例えば、マヨネーズやレバー、魚卵などはコレステロールを豊富に含む食品です。

体内のコレステロールを増やす食品は、脂身の多い肉やチョコレート、バター、チーズなどです。

逆に減らす食品は、野菜、海藻、果物などです。

つまり、減らす食品を中心にバランスの良い食事を心がけることが重要なのです。

野菜や果物、海藻が重要とわかっても、実際に食生活に組み込める方は多くないようです。

慌ただしい毎日を過ごしていると、外食などが多くなるので、食生活の改善が難しくなるといわれています。

このような方は、お手軽に緑葉野菜の搾り汁が摂取できる青汁を利用すると効果的かもしれません。

青汁には豊富なミネラル・ビタミン・食物繊維が含まれています。

先ほど紹介した通り、これらは食生活を改善して摂取すべきといわれている栄養です。

青汁を利用すれば効果的にこれらの栄養を摂取することができます。

さらに対策を一歩進めたい方は、キトサンを配合した青汁を利用するとよいかもしれません。

コレステロールから作られる胆汁酸を吸着・排出し、コレステロールの消費を促す成分なので、

血清コレステロール値を低下させる効果が期待できます。

コレステロールが気になる方に向けた青汁として発売されていることが多いので、こちらを利用するとよいかもしれません。

以上のように、青汁はコレステロールが気になる方にお勧めの健康食品です。

どこまで効果を求めるかにより、商品を選択すると良いかもしれませんね。


↓市販の青汁の比較・検証をこちらのサイトに詳しくまとめてみました。↓

【青汁生活健康ナビ】口コミに騙されない効果成分価格を検証